繰り返し使えて便利な蓄電池のシンプルな仕組み

繰り返し使えて便利な蓄電池のシンプルな仕組み

バッテリーや二次電池とも呼ばれている蓄電池は電気エネルギーを貯めたり放出して繰り返し使用することができる装置で、さまざまな用途に合わせて種類も豊富にそろっています。
硫酸などの電解液に入れた金属のマイナス極からプラス極に向かって電子が移動するときに電流が発生するという仕組みになっていて、そこで作られた電気エネルギーはさまざまな用途に使用することができます。
プラス極にはイオンが溶けにくい金属・マイナス極にはイオンが溶けやすい金属を設置することでイオンと電子がくっついた状態で蓄電池の中を移動します。
電解液の中にマイナス極から電子が溶け出しているときは電気エネルギーを使用している状態で、反対に充電させる場合には電流を流してプラス極からマイナス極に移動した電子が電解液の中に析出されることで蓄電池に電気エネルギーを貯めることができます。
繰り返し使うことができ自然環境にやさしい電気エネルギーとして使用用途や目的は多岐にわたることから、蓄電池はさまざまな構造や素材などで異なる種類のものが数多く作られています。

車のバッテリーから携帯電話まで幅広い用途に使用できる蓄電池

蓄電池には用途に合わせてさまざまな種類や容量の大きさがあり、車のバッテリーから携帯電話の充電まで幅広く使われています。
医療機関や公共施設などで災害時に役立つバックアップ用電源などに使われているものは低コストで安定的に配電することができる鉛電池が使用されていますので、自宅用の照明器具や万が一に備えて懐中電灯などにもこのタイプの蓄電池を選ぶと安心です。
電気で走るハイブリッドカーには乗り物としての機能を十分に果たせるように、短時間で素早く充電・放電することができるニッケル水素の蓄電池が使用されています。

一般家庭や会社などで節約のために使われることが多い充電式電池も同じくニッケル水素が使われていて、一度に2本から4本を同時に充電しながら何度でも使用することができます。
蓄電池の容量や使用する電圧の高さによって繰り返し使用可能な回数もさまざまですが、300回から3000回までと幅広くそろっていて充電器と使用頻度の高い単3・単4の電池がセットで販売されています。