太陽光を利用した住宅用の蓄電池を設置して電気代を節約できる

太陽光を利用した住宅用の蓄電池を設置して電気代を節約できる

一般家庭やオフィス・店舗などで使う電気は電力会社に基本料金や使用電気料金を支払うというシステムなのに対し、住宅用蓄電池は一般の住宅やオフィスビルなどに設置して自家発電で作った電気を使うことができます。
電力会社に毎月支払う基本料金は使用電圧によって金額が違い、使用電力料金については使用電気量が多くなるほど単価が上がるため料金も高くなります。
料金設定も日中から夜にかけては単価が高く深夜は安くなっていて、蓄電池のように電気を貯めておくことができませんので料金の高い時間でも必要な電力を使うことになります。
そこで日中の太陽光を利用して自家発電で作る電気を使うことができる自家発電の利用者も増えていて、発電した電気の余剰分は設備の一つでもある蓄電池に貯めておき夜間に使用すれば節電にもなります。
このような太陽光で発電する設備は一般の住宅のほかにマンションの屋上やオフィスビル・店舗などにも設置することもでき、蓄電池や太陽光パネル・軽量の設置用瓦などを1日から2日程度で施工することができます。