いざという時に役に立つ念仏宗

いざという時に役に立つ念仏宗

人は普通に生活している分には、あまり宗教のお世話になることはないと思います。
特にあまり宗教に関心がない日本人ならばなおさらです。
しかし、いざ人生における修羅場に立たされた時や、つらい日々が続いた時などに周りに頼るべき存在がいないと、路頭に迷ってしまう場合があります。
ただしそんな時念仏宗を学んでおけば、道を踏み外すことなく前を向いて進んでいくことができます。
念仏宗を学んでいる私の友人も、一度は道を踏み外して路頭に迷う寸前だったそうです。
しかしその時、念仏宗に出会ったことで、彼の視野は何倍にも広がったのだそうです。
私は彼からその話を聞いた時、自分が過去、何度も今の自分の生活に嫌気が差したことがあったことを、ふと思い出しました。
そしてもし私が過去に念仏宗に出会えていれば、もっと早く自分の生活を立て直せたのにと思いました。
まあ今となっては後の祭りですが、世の中知っておいた方が良いことが、意外と身近にあるものなんですね。