フレブルを飼いたい私

フレブルを飼いたい私

フレブルこと、フレンチブルドックを飼いたくてたまりません。
我が家ではすでにヨークシャテリアを飼っており、我が家の癒し的な存在なのですが、今もう一匹飼いたいね、と妻と相談しているところなのです。
私の第一希望はフレブルで、妻の第一希望はトイプードルなのです。
私がなぜ、フレブルを飼いたいと思っているかというと、我が家のヨークシャテリアは毛並みが美しく、そして顔もとても愛嬌たっぷりで近所でも評判なのです。
ヨークシャテリアの可愛さを正統派アイドル的な可愛さだとすると、フレブルの可愛さはあのちょっと不細工な感じがかもしだす可愛さだと私は思っており、正統派と特殊派な可愛さがそろえば、私は最強だと思っているのです。
もちろん、トイプードルも可愛いですし、もし三匹買うことができれば、確実に私もトイプードルを選ぶと思いますが、我が家のスペース的にそこまでの余裕がありません。
ここは妻ともう少し話し合う必要がありそうです。

妻にフレブルの魅力を知ってもらうために

なぜ、私がフレブルをこんなに推しているのかを説明したいと思います。
きっかけは単純と言えば単純なのですが、私の友人が最近犬を飼いだしまして、その犬種がフレブルだったのです。
それまで、ペットショップなどで見たことはありましたが、身近で飼っている人がおらず、触れたことがありませんでした。
友人の家で、くつろいでいる姿を見て、私はそのなんとも言えない可愛らしい姿に心を打ちぬけかれてしまったのでした。
その出来事があった頃、妻と犬をもう一匹飼おう、という計画が立ち上がったのでした。
我が家の愛犬であるヨークシャテリアも一匹よりも二匹のほうがさびしくないだろう、といった理由でした。
そこから、フレブルかトイプードルにするかの論争が勃発したのでした。
フレブルに触れ合える場所
私の戦略としては、妻を私の友人宅に連れて行き、実際にフレブルの可愛らしさに触れてもらおうと考えているのです。
そして、その足でペットショップに連れて行き、一気に決着をつけようと思っています。