フレブルの躾教室からの帰りを待つ

フレブルの躾教室からの帰りを待つ

我が家で勃発していた、フレブルかトイプードルかの論争に関して、ついに決着の時を迎えました。
結果は私の勝利に。
勝因としては、私が練っていた戦略に見事妻がはまってくれましたことでした。
フレブルを飼っている友人宅に連れて行った妻は、その愛くるしさに一発KOをくらったようで、その虜になっていました。
帰宅途中にペットショップに、というところまではいきませんでしたが、後日一緒にペットショップに行き、その日のうちに連れて帰りました。
今、我が家のフレブルは躾教室に預けており、もうしばらくすれば帰ってきます。
我が家にはこれからお兄さんになるヨークシャテリアもいるので、喧嘩せずに仲良く一緒に生活するためには、最低限の躾は前もってつけておかなければなりません。
自分たちで躾をすることも出来るのですが、今まで経験上、プロの方に頼んで躾をしてもらったほうが、結果的に良いのをわかっているので、躾教室に預けました。
早く帰ってきてくれるのを楽しみにしています。