人間の隣には念仏宗があります

人間の隣には念仏宗があります

人間の心理として、悩み事があったら答えを探します。
念仏宗は様々な悩みの答えを持っています。
それはなぜでしょうか?それは修行と称して、様々な境遇を体験し、人間の業を改めて見つめなおしてきた僧がいるからです。
人間の業とはいわば、欲ですね。
物欲、色欲、睡眠欲など、いろいろな欲が日々めぐっているのが人間です。
欲のままにしたいことをして生きるのが獣です。
僧は人間としてどうあるべきか、その苦行に臨み、その中で人間としての真意を見つけてきてくれています。
その経典を書いた、最初に教えを説いたのがお釈迦様なのです。
お釈迦様は私たち人間では負けてしまう欲の誘惑に打ち勝ち、人間としての真意を見つけてこられました。
その真意を自ら体験し、その心で他の人を救おうと活躍されているのが僧のみなさんです。
自分で体験するにはだいぶリスクがあるのではないかとお思いの方もいらっしゃるでしょう。
そんな人を人間のあるべき真意に導いてくれるのが念仏宗なのかもしれませんね。