些細な悩みの答えは念仏宗で

些細な悩みの答えは念仏宗で

念仏宗の扉を叩く理由を先ほどはちょっと難しく言ってしまいましたね。
生きていくためなんて言うと重苦しいでしょう。
ようは、相談する窓口が必要じゃないですかと言いたかったんです。
いろいろな悩みがあると思います。
彼女や彼氏が欲しい、お金持ちになりたい、美味しいものが食べたいなど、人の悩みは様々です。
それを叶えるには自分一人で考え込んでいてもなにもはじまりません。
行動しないとどうにもならないんです。
宝くじに当たりたいけど、宝くじを買わずに待っていたら当たると思いますか?いいえ、当たりませんよね。
ようはそういうことです。
宝くじを買いに行くための活力を付けるために誰かに相談するみたいなものです。
誰かに宝くじが当たったら何を買おうという夢を話すとわくわくしてきますよね。
そこです。
そういう目的でいいんですよ。
人間は欲の生き物ですけど、一人では生きていけませんからね。
自分が生きていくために念仏宗のドアを叩いてみてもいいのではないでしょうか?