英文添削を使って英語のスキルアップを

英文添削を使って英語のスキルアップを

「英語が話せて当たり前」という風潮はいつ頃から始まったものでしょうか?現在でも社会人の習い事のランキングでは常に上位を争う英語学習ですが、英語能力は今や社会人にとっては当然持っているべきツールとなっています。
企業によっては昇進の評価に英語能力が関わることもあり、日頃から英語の検定の勉強や英文添削指導を受けている人もいることでしょう。
しかし、ある程度の英語能力をつけてきたと言っても、まだまだ英語が苦手な人は多く、急に英語で話してくださいとか英文を読んでくださいと言われても困ってしまいます。
場合によっては英文を翻訳したり、何か英文を書かなくてはならないこともあるかもしれません。
実際の会話に関してはジェスチャーや表情である程度何とかなっても、文章になるとやはり難しいものです。
特に文章を書く場合には文法や言い回しに注意が必要なので普通の英会話学習では身につけるのが難しい部分があります。
そこで、会話以外で英文添削を受けて文章能力のスキルアップを図る人も見られます。

ワンランク上の英語力を英文添削でつけよう

日本語でもそうですが、やはり「話すこと」と「書くこと」は違います。
話す分には多少文法が違っても、単語が間違っていても何とかなってしまうものです。
それに、発音さえだいたい合っていれば単語のつづりを間違えて覚えていても全く気づかれません。
しかし、目に見える形の文章ともなれば、文法のミスやつづりの間違いは目立ちます。
英文添削の指導ではそういった部分のアドバイスを受けられるので本格的な英語力を身につけるのには最適かもしれません。
日本語で考えても文中の簡単な漢字を間違えていたらその人の印象もずいぶん下がってしまうものですが、英文添削ではスペルミスなどの細かい部分まで見てもらえるのでとても安心です。
特にビジネスで使うような書類であれば、稚拙な英文は相手先に対する自分の会社の印象を悪くしてしまいかねません。
学校で習った基本的な英語力と、そのあたりの英会話学校で何となく身につけたような会話能力とは一段違った英語力を身につけられるのが英文添削の醍醐味だと言えるでしょう。

英文添削では間違いを恐れないことが大切

ところで、英文添削というと、どうしても身構えてしまうかもしれません。
自分が書いたものを添削されるわけですから、やはり間違いだらけでは格好悪いものです。
そこで、添削に出す前にいろいろと文法を調べ直したり、つづりをチェックしてしまう人も少なくないようです。
しかし、そうやってなるべく完璧に近いものを出しても効果は少ないものです。
確かに調べたりする事が一つの勉強にはなりますが、自分の持っている実力で書いた文章を出して直してもらった方が効果的です。
そうすると最初は直される所ばかり目立ってしまうかもしれませんが、実はそこがポイントなのです。
例えば道を覚えるにしても、ただまっすぐ行くよりも一度迷うと逆に覚えやすかったりします。
英文添削を業者にお願いしてスキルを上げる
これと同じように、語学の勉強でも最初に間違えて、それを直していく過程の中で正しい表現が身についてくるものです。
ですから、これから英文添削をしてもらう場合は、間違えることを恥ずかしがらずに自分が思ったようにどんどん書いていくことが大切です。