木の温かさや強さ、頑丈さを保つウィズワン住宅の施工技術

木の温かさや強さ、頑丈さを保つウィズワン住宅の施工技術

日本で長く行われて来た木造建築。
ウィズワン住宅の最も力を入れる工法と言っていいでしょう。
木造は温度や湿度の調節に優れ、年が経過するにつれてその強度が増加します。
木にはその細胞を構成する「セルロース分子」と呼ばれる長い糸状をした物体がありますが、これが長い年月が経つにつれて崩れ結晶になる事で「粘り」という現象が起き、これが木材が強くなる要因とされています。
まさに「粘り強く」なるのでしょう。
ただ木造にも湿気で腐る、シロアリに食害されるという弱点があります。
その弱点への対策としていくつかの工法がありますが、その中でも、フレーム状に組まれた木材に専用の合板を施して、壁面や床面材を支える「ツーバイフォー工法」をウィズワン住宅は実施しています。
耐震性に優れており、気密性や断熱性も高い頑丈な工法です。
他にも、結露や強度のばらつき、乾燥収縮の心配のない強固な金物を打ち込む「構造用金物工法」も、木材の質や立地条件を見極めた上で、ウィズワン住宅では実施しています。