間仕切りは工場内で必要ありません

間仕切りは工場内で必要ありません

清潔感が何よりも大事になるのが工場内での作業になります。
ある所では衛生面を考えて間仕切りをなくして見渡せるようにしました。
食品をラインで作る時には、ある程度の間仕切りが必要になると思いますが、出来上がった商品を詰めるだけの場合には必要がないと思います。
今は、工場内での作業では機械を導入して人件費を抑えて行っている所が多いです。
ですが、まだ人の手しか出来ない物も沢山あるので、多くの人が交代で働いています。
多くは24時間体制で作業を行っています。
とても重労働ではありますが、やりがいのある仕事だと思います。
その為に、衛生管理もとても厳しくなっていて、時間ごとに消毒を心がけています。
人も常に出入りするので、ごみ一つないように何名かで時間を決めて清掃しています。
安心して消費者に商品を届ける為にも、人の目を大事にして清掃も商品も作るようにしているみたいです。
その為に、今まで細かく作業工程を分けていましたが、工場内の間仕切りをなくしいつくかの工程をまとめた所作業効率がグンと上がるようになりました。

工場内で休憩する時は間仕切りがある所で!

とても広い工場は沢山あります。
その為、社員のプライベート空間を確保する為に工場内に間仕切りを作って一人になりたい人専用の部屋をいくつか設けるようにしました。
前の記事でも紹介したように、24時間体制で作業を行うので、時間を見て休憩を取らないといけません。
普通は、チームを作ってまとめて休憩を取る事が多いですが、そんな時でも静かな空間が欲しい人は一人の個室でゆっくりとした時間を過ごす事が出来るようになっています。
数人での部屋もあるので自分の好きな部屋で休憩を取る事が出来ます。
部屋には、冷蔵庫が沢山あります。
多くの社員を抱えている所では当たり前に見られる光景みたいです。
工場内の間仕切りを検討する
自分の持ってきた食品を冷やせるようになっています。
今までは、まとめて一つの休憩室で休んでいましたが、いつも騒々しいのでゆっくり休めずにストレスを感じている人もいたので、工場内に間仕切りを作って休めるようにしました。
これが、好評で部屋がどんどん増えていったみたいです。