漏斗胸の治療について

漏斗胸の治療について

漏斗胸という胸が陥没する病気があるのを知り、どんな治療があるのかも気になったので調べてみることにした。
三才くらいまでは自然に治る場合もあるらしいが、六才を超えると自然には難しいようだ。
軽度の場合は胸に大きな吸盤のような装置をつけ、引っ張ることで治療していく方法があるらしいが水泳などのスポーツで肺活量を増やしていくことでへこみが軽減されることもあるということなので、先にそういう生活改善を試してみる方が良さそうだと感じた。
だが、へこみが強い場合はやはり呼吸もしにくいなどのいろんな支障が出るので、やはり手術を選択する他ないようだ。
その手術で一般的なのがナス法と呼ばれていて小さな傷から金属のバーを入れて形を中からひっくり返すことでへこみを改善するという方法だ。
現在ではこのナス法が進化した筋層下ナス法という金属のバーをずれないようにしっかり保てる手術法があり、私が調べてみた中ではこれが漏斗胸には一番良い治療法に思えた。