友人が刺青除去方法を探す

友人が刺青除去方法を探す

刺青やタトゥーを入れている若い子が増えてきていると聞いています。
一昔前までは、刺青イコールヤクザというイメージが強かった気がしますが、刺青という言い方からタトゥーという言い方が一般的になり、欧米に真似ておしゃれとして刺青を入れる人が増えることで、今ではあまり特異な存在という気がしません。
ただ、一度刺青を入れてしまうと、刺青除去をするのは簡単なことではないため、後悔している人も多くいると聞いています。
私の友人にも一人、刺青を入れてしまい後悔している人がいます。
彼女は今、刺青除去方法などを調べて、取り除く方法を探していると言っていました。
刺青除去をしたいと考えている人の中でも、多い事例として、恋人の名前やイニシャルと刺青を入れてしまい、その後その相手と別れてしまった、ということがあるようで、実は私の友人もその事例の一人なのです。
彼女は見えないところに刺青を入れているのですが、今新しい恋人ができそうで、心配しています。

温浴施設にどうどうと行くためにも刺青除去を

少し前に、温泉施設で刺青を入れている人の入館を拒否した、というニュースが流れ、今の時代に反するのでは、という意見で話題になりました。
確かに、私も良くスパなどの温浴施設に行くのですが、入口に刺青の方入館禁止、という文言を見ます。
一度入れてしまったものを、刺青除去することは容易なことではないため、温泉好きの私としては、入館拒否をされるなら、絶対に刺青を入れない、という思いはありますが、確かに今の時代、ワンポイントタトゥーを入れている人は多いし、入館拒否という考え方は古い気がします。
まぁ、実際どこまで厳密に入館拒否されているかは知りませんし、前述の刺青を入れている友人と一緒にスパに行ったこともあるので、そこまで厳しく取り締まりをしているわけではないのかもしれませんが。
だた、その友人も今では刺青を入れたことを後悔し、刺青除去方法を色々とべているので、彼女と全く気にせずにスパに行く日も近いかもしれません。

刺青除去方法を私も探す

刺青を入れている私の友人は、少し前まで付き合っていた彼氏のイニシャルを入れています。
肩よりも下で、洋服を着ている限り人目に触れることはないので、普通に生活している上で困ることはないと思います。
ただ、最近新たな恋人ができそうみたいで、当然付き合いはじめるとなったら、その刺青に彼が気付かないわけがありません。
そうなる前に、友人としては刺青除去をしたいと思っているようです。
元彼と別れてから、彼女は刺青を入れたことを激しく後悔したみたいですが、後の祭りというやつです。
なぜ、そんな考えなしのことをしたのかと聞くと、どうやら友人としては、彼と結婚する気でいたみたいで、その決意を刺青に込めたつもりだったみたいです。
友人をあまり悪くは言いたくはありませんが、それはあまりに軽率だったと思います。

ただ、親友としては彼女の今の悩みはわかるので、私も一緒になって刺青除去方法を探してあげることにしました。
タイムリミットもあるので、早くなんとかしてあげたいです。