在宅ワーカーを支える事務所をsoho賃貸で

在宅ワーカーを支える事務所をsoho賃貸で

在宅での仕事をするというのは、そのスタッフにとって働きやすく、効率のよい仕事です。
自分の生活スタイルに合わせて、柔軟に働くことができます。
そのスタッフたちを管理する立場として、小さな事務所を構えようと思っています。
そのため、soho賃貸物件を探しています。
在宅ワーカーを抱える立場として、スタッフたちが来社することがないので小さな事務所があればいいです。
その点、コストがこちらにもかからないのがsohoのいいです。
この事務所では数人だけしか来社しないので、そんなに広い場所は必要ではありません。
定期的にミーティングを行ったりするくらいです。
自宅兼事務所として借りることができるものが多く、マンションの一室を利用するのが一般的です。
お客様がいらっしゃることもほとんどありません。
soho賃貸を選ぶポイントは、まずは立地です。
住居兼事務所として利用するにあたり、生活しやすく、動きやすい場所の物件を探したいです。