横浜粗大ごみ回収の流れ

横浜粗大ごみ回収の流れ

粗大ごみの回収には市町村ごとにルールがあるため、居住地のルールを事前によく確認し把握しておく必要があります。
もちろん横浜市でもしっかり回収のルールが定められていますので確認しましょう。
まずごみ回収の申し込みをします。
基本的に収集車に回収を依頼することになりますが、直接施設にごみを持ち込む場合にも事前申し込みが必要になります。
また申し込みの際には出すごみの大きさや材質を事前に確認し、回収の日時や手数料などの情報を忘れずにメモするようにしましょう。
横浜では申し込みから回収までは約2週間程度かかりますので早めの申し込みが大切です。
申し込みが完了したら指定の金融機関で手数料を納めます。
このとき回収の際に粗大ごみに貼る収集シールをもらいます。
回収当日は朝8時までに、見えやすいところに収集シールを貼った上で指定の場所に出しておきましょう。
事前に申し込みをした物以外は回収されないので、他の物を一緒に出してはいけません。

粗大ごみとして回収できないものin横浜

横浜市が粗大ごみの回収を行っているといっても、全てのごみが回収可能なわけではありません。
申し込む直前までそのごみが回収不可なものであることを知らず、困る場合もあるでしょう。
そうならないために事前に何がよくて何がダメなのかを確認し覚えておきましょう。
たとえば、引っ越しの際などに発生する一時多量ごみ。
これは原則自分で処分することになっていますので、直接市の施設に持ち込むか、業者さんに依頼するようにします。
どちらも事前申し込みが必要です。
そのほか、特に間違えやすいのがエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンです。
これらは粗大ごみとして回収できませんので要注意です。
さらに回収する横浜市が処理が困難なものも回収しません。
処分したい粗大ごみ、横浜で片付けよう
タイヤ、ピアノ、ガスボンベの処分を希望する場合には、購入先や販売店、メーカーに相談する必要があります。
その他バイクや消火器も回収を行っていませんので、こうした回収できないものをよく確認し後のトラブルを回避しましょう。