時代に合った勤怠管理システムを教えてもらいました

時代に合った勤怠管理システムを教えてもらいました

私と同世代が多いその組合は、様々な情報交換もできますし、モチベーションアップにも繋がるため都合が合えばしょっちゅう参加していました。
その後仲の良い数名で飲みに行くのが恒例なのですが、その時にみんなの会社の勤怠管理はどうやっているのか聞いてみたのです。
すると、今はスマホやiPadなどで打刻できる簡単な管理方法があるということを教えてもらいました。
集計システムも自動なので、今までのような手計算、手入力も不要になるそうですし、コストも大幅にカットできるのだとか。
確かにタイムカード式だと、毎月の紙代や打刻機会のメンテナンスなどで何かと費用がかさんでいました。
そして、自分でしか打刻できないため、打ち間違いなども防げるというのです。
確かにパートさんで違う人のタイムカードを押してしまい、集計時に混乱したことが何度かありました。
早速、そこの勤怠管理会社へ連絡をしました。
今はまだ使い始めたばかりですが、導入方法もとても簡単で高齢のパートさんも使いこなせています。
もう少し早く知りたかったと悔やんでいるところです。