東京の事業主なら税理士を使おう

東京の事業主なら税理士を使おう

自分で会社を経営する事業主は、税金対策が経営にとって非常に重要であり、また面倒な確定申告が義務とされています。
そのため年度末になると確定申告に追われ、結局税金対策もまともにできず大きな損失を出してしまうことが珍しくありません。
また仮に事業主の方が計画的に行動して、余裕を持って確定申告を行うことができたとしても、やはり損失を出している可能性が高いです。
税金についての知識は一般的な事業主では身に付けられないものも多いため、自分では損失に気付くことすらもできないのです。
そのためある程度の規模のある会社や店舗を経営する事業主ならば、できれば税理士を利用した方が良いです。
東京の大企業の極端な例では、税金対策を徹底したことにより税金を数百億単位で節税した例もあるほどです。
税理士を利用するのにもそれなりの費用はかかりますが、節税効果に比べたらあってないようなものです。
そのため税理士は会社や店舗を経営するうえでなくてはならない存在です。
東京には税理士が多いので気軽に利用してみましょう。

税理士によって東京で経営するコンビニの税金が半分に

私は東京でコンビニエンスストアを経営するオーナーで、事業主にあたることから毎年確定申告に追われていました。
従業員であるなら必要な資料はせいぜい年金保険料や健康保険料程度で済みますが、事業主となると必要な参考資料が山程あるので手続きには丸一日かかってしまいます。
そのため毎年ある確定申告が億劫で仕方なく、半ば投げやりに資料を作成することが珍しくありませんでした。
しかしそれさえも面倒くさくなり、ついに手続きを税理士に代行してもらうことにしました。
東京のコンビニエンスストアにはほぼ毎日のように何らかの企業が飛び込み営業でやってくるので、税理士の存在は以前から把握していました。
ただし当初は税理士に払う代金を嫌って見向きもしていませんでした。

今思うとおかしな話です。
実際に税理士のお世話になってみると、払わなければいけない税金が減ったことでむしろ利益が出たほどですし、丸一日かかる資料作成の時間が不要になったことで人件費という観点からも得をしています。