ボルダリングで使用する滑り止めとは

ボルダリングで使用する滑り止めとは

岩山を登るスポーツのクライミングでは、滑り止めを使用する必要があります。
これはクライミングをする際に手につける白い粉状のもので、チョークと呼ばれています。
このチョークは炭酸マグネシウムが主成分となっているのですが、この炭酸マグネシウム自体には滑り止めの効果はありません。
しかしながら滑り止めにこの成分を使用する理由は、吸水性に優れている点が挙げられます。
クライミングをしている途中には、どうしても手指に汗をかいてしまうため滑ってしまいます。
それを炭酸マグネシウムが吸収する事により、滑らずに登っていく事ができるのです。
チョークは基本的にチョークバックに入れてクライミングの最中も身に着けて登ります。
最初に手や指にまんべんなく粉をつけて、登っている間も滑りやすくなる前に都度手につけるようにすると良いでしょう。
チョークはいくつか種類がありそれぞれ使用感が違うので、自身に合った滑り止めを使用するようにしましょう。

滑り止めの種類とその特性

クライミングで使用する滑り止めのチョークには、いくつかの種類がありそれぞれ特徴が違います。
最も一般的なものが粉末タイプです。
チョークバックに入れて、登っている最中も使用できるため利便性が高く人気があります。
粉末タイプをボールのような袋に入れた物もあり、これは粉末タイプより周りに飛び散る事が少ないので屋内でクライミングをする人はこちらを選ぶと良いでしょう。
炭酸マグネシウムをアルコールで溶かした液体タイプは、手のシワの奥までなじみやすいため滑り止め効果が高くなります。
また、アルコールにより手指の脂も取ってくれるためフリクション効果も上がります。
周囲に飛び散る心配がないので、場所を選ばず使用できるのも利点です。
ブロック状になった固形タイプは、使用する際に自身で潰して粉状にします。

小型で持ち運びがしやすいので外でのクライミングに適しています。
このようにそれぞれの利点があるため、自身が行いたいクライミングの種類や場所によって滑り止めを選ぶと良いでしょう。