オリジナルパーカーを作れる時代になったわけだが

オリジナルパーカーを作れる時代になったわけだが

自分の創造力や創造への欲求を満たすためにはどんな方法があるのかについて、本気で考えたことがあるだろうか?

少なくとも、わたしは昔から何かを作ることに途方も無い喜びを常に感じてきた。

それはたとえばさりげない小料理であったり、工作であったり、絵画であったり、音楽であったり、小説などの文学作品であったりとまさにさまざまで、多岐にわたる。

そこに才能が伴っていたのかはどうかは今となっては悲しい話になりかねないが、オリジナルを作ることの喜びは今もなお失われていない。

パーカーを作れるサービスがあるんだ。

無論、わたしや関わる全ての人が考えたオリジナルのものだ。

パーカーだけじゃなくて、他にもいろいろなグッズを作ることのできるサービスなんだが、こういうサービスは昔からあるにはあったが、なかなか一般の人には手の出ないものだった。

あまりにもコストがかかり過ぎるのが最大の理由だけども、それでも求める声は昔から常にあった。