今や名古屋でも結婚指輪などにお金をかけない地味婚が普通

今や名古屋でも結婚指輪などにお金をかけない地味婚が普通

一時期「地味婚」などという言葉が流行っていたが、最近の若者はやっぱり結婚にも金を使わないのが当たり前なのだろうか。

自分の部下が今度結婚するのだが、何と結納もなければ結婚式もしないという。

その代わり場所を借りて家族や友達を集めて食事会をすると言っているが、費用的には20万くらいしかかからないという話だ。

自分の感覚だと特に名古屋は結婚式が派手で結婚指輪やら式やらで何百万も使うのが当たり前だと思っていた。

しかし昨今は景気があまり良くないせいかこのあたりでも地味婚が普通だそうだ。

部下の話では普通の結婚式をするにしてもなるべくリーズナブルにする事が多いらしく、そういう名古屋式の派手な結婚式などもう過去の話だそうだ。

確かにその部下のやり方はちょっと極端すぎるとは思うが、自分たちの結婚を皆に知らせるという点では十分機能している。

言われてみれば必ずしも儀式的な事をする必要はないし、結婚指輪にしても手に入れやすい値段のものがいいだろう。

部下の両親も納得しているそうだし、それが現代的な方法なのだと思っているが。