クリエイティブスピリッツとオリジナルパーカー

クリエイティブスピリッツとオリジナルパーカー

なにごとも常に作りたいっていう衝動が心を動かすのは、クリエイティブな魂が震えるからに違いない。

わたしも時々どうしようもないくらいに創作衝動にかられる時があって、矢も盾もたまらずにそのために何が出来るのかを必死に模索してしまうことがあります。

最近だと、オリジナルのパーカーとかのグッズを簡単に作れるサービスが挙げられます。

といっても、縫製から~なんて凝ったものじゃなくて、あらかじめ決められた形状のパーカーに、オリジナルの絵やデザイン画を当てはめるようなそんなサービスなんですけどね。

でも、そんなサービスでもクリエイティブスピリッツを存分に満たしてくれるサービスだと言うことは間違いありません。

どんなに些細なデザイン画であっても、誰かの目に止まって「欲しい!」なんて思ってもらえる製品に繋がるかもしれない…っていう可能性には、間違いなく創造性を強く刺激する作用がある!

とわたしには思えて仕方がないのです。

オリジナルパーカーを作れる時代になったわけだが

オリジナルパーカーを作れる時代になったわけだが

自分の創造力や創造への欲求を満たすためにはどんな方法があるのかについて、本気で考えたことがあるだろうか?

少なくとも、わたしは昔から何かを作ることに途方も無い喜びを常に感じてきた。

それはたとえばさりげない小料理であったり、工作であったり、絵画であったり、音楽であったり、小説などの文学作品であったりとまさにさまざまで、多岐にわたる。

そこに才能が伴っていたのかはどうかは今となっては悲しい話になりかねないが、オリジナルを作ることの喜びは今もなお失われていない。

パーカーを作れるサービスがあるんだ。

無論、わたしや関わる全ての人が考えたオリジナルのものだ。

パーカーだけじゃなくて、他にもいろいろなグッズを作ることのできるサービスなんだが、こういうサービスは昔からあるにはあったが、なかなか一般の人には手の出ないものだった。

あまりにもコストがかかり過ぎるのが最大の理由だけども、それでも求める声は昔から常にあった。

オリジナルのパーカーを作れるサービスがあるらしい

オリジナルのパーカーを作れるサービスがあるらしい

最近になってクリエイティブなサービスにはどんな物があるのか?

って気になったことがあって、いろいろと調べてみたんだけど、オリジナルのパーカーとかをデザインすれば作ってもらえるサービスってのがある。

作ることそのものは決められたルールに従ってデザインを決めて…たとえばパーカーなら、プリントされる範囲や実際にプリントされた時のイメージなんかを確認しつつ、オリジナルのデザインデータをサイトにアップすることで注文ができる。

デザインそのもののファイル形式にも決められたルールがあるのでしっかり確認してデザインしなければならないので注意が必要だ。

オリジナルのパーカーの作品一覧

Windowsに備え付けられたペイントソフトでも出来ないことははないけど、IllustratorやPhotoshopなどのファイル形式でなければ正しくプリントされないなんてサービスもあるのでそういう点には配慮しておきたい。

ちなみに、探せばそうした形式のデザインを無料でできるソフトもあるので活用しよう。

英文ライティングの会社で私の文章を添削してもらいました

英文ライティングの会社で私の文章を添削してもらいました

英文ライティングを行ってくれるサービスを利用しています。

私は外資系の企業で仕事をしているのですが、ビジネスの英会話は海外留学の経験や、大学時代に勉強したのでなんとか出来ていると思っています。

ところがビジネスで外国人の方へメールを送るときや、ビジネス文書を作成する時などに、
細かなニュアンスが伝わらないということがしばしばあり、仕事に支障をきたすこともありました。

このことで恥ずかしい思いをしたこともあります。

そんな時私の上司から英文ライティングを行ってくれるところがあり、
そこはネイティブな英語を使う外国人がきちんと添削してくれるというので一度利用してみようと思い、お試しでやってっみました。

私の英文は添削結果を見てみるとおかしなところがっところどころあり、なるほどなあと納得しました。

これは勉強して、きちんとした英文のビジネス文書を作れるようになるチャンスだと思いました。

さっそく来週から本格的に勉強を始めようと思っている次第です。

英文ライティングが出来なければビジネスマン失格です

英文ライティングが出来なければビジネスマン失格です

私は35歳のビジネスマンで、外資系の企業に勤めています。

一昔前は英会話ができる人が企業でもてはやされていたことがあります。

しかしながら最近では少しばかり英語が話せるだけでは仕事が成り立たなくなってきています。

国内の企業も海外進出や、事業のグローバル化が進み、社内の文書や通達、取引先との連絡などは英語があたりまえという企業も増えてきています。

私は英会話程度は出来ると思っていましたが、いざ英語でのビジネス文書を作るとなると、英語が話せる私でもうまい具合にはいかないと思い知らされました。

そんな時に英文ライティングを添削してくれるサービスがあることを知りました。

そこはネイティブな外国人がきちんと添削してくれて、ビジネスの英文を勉強するにはもってこいだと思いました。

来週からそちらの英文ライティングサービスをしてくれるところにお願いして、英語の勉強を、文書作成に重きを置いて一からしなおそうと思っています。

英語力がつくと話題の英文ライティングサービス

英語力がつくと話題の英文ライティングサービス

日本の現在の環境は、少子高齢化が進み、日本のマーケットが今後は縮小することが予想されています。

それに備えて、先を見越している国内企業は、海外進出や業務のグローバル化を進めていき、
今後は社内のビジネス文書や通達文書、外部との連絡などには英語があたりまえに使われるようになってくることが予想されます。

英文を読んだり、英語でビジネス文書を作成したりと、より実践的な英語の実務をこなせる人を企業が求めています。

最近では業務でパソコンでのメールや文書作成などでも普通に英語を使いこなさなければならない人が増えています。

その場の雰囲気でなんとか英会話をごまかしてきていた人は、よりTPOに応じた実践的なビジネス英語を必要としたときに歯が立たなくなってきています。

添削で学べる英文ライティング

そんな人たちのために、英文ライティングサービスというのが出来てきています。

この英文ライティングサービスをいうのは依頼者が作成したビジネス英文を、
ネイティブな外国人の人に添削してもらうというサービスで、より実践的な英語力が備わると話題になっています。

今や名古屋でも結婚指輪などにお金をかけない地味婚が普通

今や名古屋でも結婚指輪などにお金をかけない地味婚が普通

一時期「地味婚」などという言葉が流行っていたが、最近の若者はやっぱり結婚にも金を使わないのが当たり前なのだろうか。

自分の部下が今度結婚するのだが、何と結納もなければ結婚式もしないという。

その代わり場所を借りて家族や友達を集めて食事会をすると言っているが、費用的には20万くらいしかかからないという話だ。

自分の感覚だと特に名古屋は結婚式が派手で結婚指輪やら式やらで何百万も使うのが当たり前だと思っていた。

しかし昨今は景気があまり良くないせいかこのあたりでも地味婚が普通だそうだ。

部下の話では普通の結婚式をするにしてもなるべくリーズナブルにする事が多いらしく、そういう名古屋式の派手な結婚式などもう過去の話だそうだ。

確かにその部下のやり方はちょっと極端すぎるとは思うが、自分たちの結婚を皆に知らせるという点では十分機能している。

言われてみれば必ずしも儀式的な事をする必要はないし、結婚指輪にしても手に入れやすい値段のものがいいだろう。

部下の両親も納得しているそうだし、それが現代的な方法なのだと思っているが。

親父が結婚指輪を買った店もなくなり名古屋もかなり変わった

親父が結婚指輪を買った店もなくなり名古屋もかなり変わった

先週仕事の関係で久しぶりに昔住んでいた名古屋に行ってきた。

もう20年近く行っていなかったので駅前からしてずいぶん変わったように感じた。

あちこちに新しいビルができているし大まかには一緒でもかなり変化しているように思えた。

ちょうど北区のあたりを通ったのだが昔有名だった宝石店もなくなっていて驚いた。

そこで父親が結婚指輪を買ったと言っていた記憶があるが今はまるで違うビルになっているようだった。

今はバブルの頃のように景気がいいわけでもないし、そういう贅沢商売もなかなか難しいのだろうか。

結婚指輪や結婚式にかける費用も減っているというし価値観そのものも変化しているとは思う。

指輪にお金をかけるより新婚旅行で海外に行く方に費用を回した方がいいという意見もあるらしい。

それはさておき、自分が昔住んでいたあたりまで足を伸ばしたがそのあたりは意外と変わっていなかった。

そのあたりは名古屋市の北の外れで新しい建物などもできていたが相変わらずの雰囲気だった。

地下鉄の駅前も古くさい感じだし名古屋でもちょっと外れると都心とは違ってまだまだなんだなと感じた。

名古屋の友達は結婚指輪も特注の不思議な結婚式をした

名古屋の友達は結婚指輪も特注の不思議な結婚式をした

この間、名古屋の方に住んでいる友達の結婚式に行ってきたのですが、ちょっと一風変わっていました。

友達の旦那さんがお寺の出身とのことで、会場は旦那さんの実家のお寺の本堂でした。

しかも、手作り感を出したいとのことで、飾りつけや料理など基本自分たちで行うという念の入れ用です。

最初、お寺でするのだから和式というか着物でも着るのかと思っていたら、登場した友達はなんと洋風のドレス。

結婚指輪もあるのに舞台はなぜか仏像の並んでいるお寺…。

当の本人たちはすごく真面目にしていたのに、あまりの違和感に見ている人たちは何か新しいアートの世界を見せられているような気分でした。

それでそのまま仏像が見つめる前で誓いの言葉と結婚指輪の交換…。

結婚指輪を名古屋で探す

ちなみにその指輪も旦那さんの知り合いの人に作ってもらったそうで、すごく思い入れのある物のようでした。

もちろん料理もおいしくて楽しい会ではあったのですが、どうしても名古屋まで行って不思議なショーを見せられたような気がしてならないのですが…

受注から納品まで簡単・激安なチラシ印刷

受注から納品まで簡単・激安なチラシ印刷

チラシ印刷は自宅のパソコンで?

街の印刷屋さんに持ち込んで?

いろんな方法があると思います。

しかそどれも一長一短。

自宅のパソコンで作ったデザインをプリンターで出力するのが一番納得のいく出来上がりに仕上がると思いますが、
実はこの方法、費用的には一番コストパフォーマンスが悪く、インク代や用紙代が帰って高くついてしまったりします。

版下を街の印刷屋さんに持ち込んでチラシ印刷のみを頼むという方法はどうでしょうか。

こちらは自宅での印刷に比べれば安く上がりますが、そのためには注文ロット単位が大きく、たくさん印刷しないと安く上げることは難しいでしょう。

版下作成を依頼すればその分も上乗せされます。

そんな時はサイトからの注文がオススメ!

受付から納品までの流れや料金の内訳がとてもわかりやすく激安、版下の作成からすべておまかせしても激安に頼めます!

小ロットから対応もしているので、手軽にご利用できます!

コスト面・サービス面・クオリティ面どれをとっても一番オススメです!